花筐・花形見・花筺(読み)はながたみ

大辞林 第三版の解説

はながたみ【花筐・花形見・花筺】

能の一。狂乱物。世阿弥作。越前国味真野あじまのの照日の前が、寵愛を受けた大迹辺おおあとべ皇子(のちの継体天皇)を慕って都へ上り、御幸の行列に形見の花籠をもって惑乱して現れ、再び召される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android