花筐・花形見・花筺(読み)はながたみ

大辞林 第三版の解説

はながたみ【花筐・花形見・花筺】

能の一。狂乱物。世阿弥作。越前国味真野あじまのの照日の前が、寵愛を受けた大迹辺おおあとべ皇子(のちの継体天皇)を慕って都へ上り、御幸の行列に形見の花籠をもって惑乱して現れ、再び召される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android