花車・花奢・華奢(読み)きゃしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

きゃ‐しゃ【花車・花奢・華奢】

〘名〙 (形動)
① 物事の状態が上品で優雅なこと。また、そのさま。風流。伊達(だて)
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「武勇の道をばおくびにも出さず、見るにかたはらいたく、花奢風躰をのみ好みて」
浮世草子世間胸算用(1692)一「此女もむかしは千二百石取たる人の息女、万(よろづ)を花車(キャシャ)にてくらせし身なれ共」
② 人の姿や形がほっそりと骨細で上品なさま。繊細で上品に感じられるさま。
※評判記・新野郎花垣(1674)玉の井市之丞「此君利こんにして秋の野に萩のさきそろふをみるやうに何となくきゃしゃなり」
※浄瑠璃・鑓の権三重帷子(1717)上「きゃしゃ骨ぼその生れ付」
③ 物のつくりが細かったりして何となく弱々しいさま。
※四河入海(17C前)一一「さて又きっかとして、又きゃしゃなる点のあるもよいぞ」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)四「此女房、すがたといひ、気分といひ、万を花車(キャシャ)でかためし身なれば」
[語誌](1)「華奢」「花奢」はいずれも漢籍の古典には見られず、「香車」は美しい車という意味で存するが、「文明本節用集」等に「倭語歟」とあるように、語源は別である可能性がある。
(2)「花車」は漢籍にあるが意味が異なり、日本での当て字である。「花車」は「かしゃ」と読めば別語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android