芳村孝次郎(初代)(読み)よしむら こうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村孝次郎(初代) よしむら-こうじろう

1766-1853 江戸時代後期の長唄唄方。
明和3年生まれ。僧侶(そうりょ)の出とされる。2代芳村伊三郎の門弟となり,文化5年の江戸森田座番付からその名がみえはじめ,10年立唄となる。髪をおおきな糸鬢奴(いとびんやっこ)にゆっていたので奴孝次とよばれた。嘉永(かえい)6年3月25日死去。88歳。本名は奥山孝次郎。後名は芳村太賀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android