コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村孝次郎(2代) よしむら こうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村孝次郎(2代) よしむら-こうじろう

?-1870 江戸時代後期の長唄唄方。
一説に文化10年(1813)生まれ。2代富士田千蔵の門弟で,富士田千吉と名のり,弘化(こうか)元年江戸中村座に初出座し,翌年2代富士田吉太郎と改名。のち初代芳村孝次郎の養子となり,嘉永(かえい)3年2代孝次郎を襲名して立唄となる。目がおおきく,目玉孝次とよばれた。明治3年2月27日死去。本姓は桑野。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳村孝次郎(2代)の関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争グロージェンキンス

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android