コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村観阿 よしむら かんあ

美術人名辞典の解説

芳村観阿

江戸後期の茶人。名は明昭、号は物外・聴笙・指月斎・苦楽庵、通称を丸屋善右衛門・太郎兵衛。多数蔵した書画骨董を人に与えて、剃髪して浅草に庵を結んだ。鑑識に長じ、松平不昧の名器収集にも力を貸した。嘉永元年(1848)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

芳村観阿の関連キーワード雲州名物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android