コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸北神楽

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

芸北神楽

島根県西部の石見地方に伝わる石見神楽が、江戸時代末期に現在の安芸高田市安芸太田町北広島町に伝わり、芸北神楽と呼ばれるようになった。安芸高田市では戦後新しい演目の台本が作られ、それに合わせた勇壮で激しい動きの「新舞」が生まれた。伝統的な演目の舞いは「旧舞」と呼ばれる。

(2012-06-09 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android