苗木(植物)(読み)なえぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「苗木(植物)」の解説

苗木(植物)
なえぎ

移植するために育てた若くて小さな木。種子から育てた実生(みしょう)苗や挿木(さしき)から育てた挿木苗のほか、接木(つぎき)苗、取木(とりき)苗などがある。天然に生育した木は稚樹または幼樹といわれ、掘り取って植栽用に使うこともある。これを山引き苗という。普通、苗畑で何回か植え替える床替えが行われるが、その回数は樹種や苗木の生育状態により異なる。床替えまでは実生苗は播(ま)き付け苗、挿木苗は挿し付け苗とよび、床替えしたあとはいずれも床替え苗とよぶ。

 植栽用の苗木は形質のよい母樹からつくられる。植栽前にほぼ同じ大きさの苗木が選ばれ、山行き苗または山出し苗という。苗木は植栽に適した健全な形、とくによい根をもつように育てることがたいせつで、床替えのときに根切りをして細根量を増やしたりするのもこのためである。貧弱な根をもつ苗は、移植後の吸水量が少なく葉からの蒸散による水分消費をまかなうことができず、活着までの間に乾燥死してしまう。活着までの間の乾燥を防いだり植林期間を延ばす目的でポットに種子を播き付けて育てる方法もある。

 2000年代に入るとコンテナ苗も注目されるようになってきた。コンテナ苗は、多数のキャビティ(育成穴)からなる硬質樹脂製のコンテナのキャビティに培地充填(じゅうてん)して育苗した土付きの苗木である。コンテナ苗は根が充実していることが特色であるが、ポット苗以上に苗木代は高く、ポット苗と同様に運搬にコストがかかる。しかしポット苗もコンテナ苗も植栽時期の制約が大幅に緩和されることなどの利点がある。

[蜂屋欣二・藤森隆郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android