コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士(初代) わかのはな かんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若乃花幹士(初代) わかのはな-かんじ

1928-2010 昭和時代後期の力士。
昭和3年3月16日生まれ。貴ノ花利彰の兄。昭和21年二所ノ関部屋に入門,のち花籠(はなかご)部屋。25年入幕。軽量ながら猛げいこで足腰をきたえ,33年45代横綱となる。呼び戻しなど豪快な技で「土俵の鬼」とよばれ,栃錦とともに栃若時代をきずく。37年引退。優勝10回。二子山部屋をおこす。63年日本相撲協会理事長。平成5年相撲博物館館長。平成22年9月1日死去。82歳。青森県出身。本名は花田勝治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

若乃花幹士(初代)の関連キーワード3月16日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android