コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若囃子・和歌囃子 わかばやし

大辞林 第三版の解説

わかばやし【若囃子・和歌囃子】

囃子の一種。享保年間(1716~1736)、武蔵国葛西金町香取明神の神主の能勢環のせたまきが村内の若者らに教え、祭礼に出したことに始まるという。騒々しいので「ばか囃子」と俗称。葛西かさい囃子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

若囃子・和歌囃子の関連キーワード葛西囃子馬鹿囃子能勢環神主祭礼村内俗称

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android