コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山用拯

美術人名辞典の解説

若山用拯

儒学者。名は拯、号は勿堂。阿波の人。佐藤一斎門人。岩村藩に登用され、文久3年幕府に仕え昌平黌の儒員となる。著書に『祥刑要覧』がある。慶応3年(1867)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

共謀罪

ある特定の犯罪を行おうと具体的・現実的に合意することによって成立する犯罪。実際に犯罪を行わなくても、何らかの犯罪を共謀した段階で検挙・処罰することができる。米国や英国などでは設けられているが、日本の刑...

続きを読む

コトバンク for iPhone