コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若山 富三郎 ワカヤマ トミサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

若山 富三郎
ワカヤマ トミサブロウ

昭和・平成期の俳優



生年
昭和4(1929)年9月1日

没年
平成4(1992)年4月2日

出生地
東京市深川区(現・東京都江東区)

本名
奥村 勝(オクムラ マサル)

別名
別名=城 健三郎

学歴〔年〕
日大三中卒

主な受賞名〔年〕
ブルー・リボン賞助演男優賞(第20回・昭和52年度)「姿三四郎」「悪魔の手鞠唄」,芸術祭大賞(第33回)〔昭和53年〕,毎日映画コンクール主演男優賞(昭54年度)「衝動殺人・息子よ」,キネマ旬報賞主演男優賞(昭54年度),ブルーリボン賞主演男優賞(昭54年度),日本アカデミー賞主演男優賞(昭54年度)

経歴
長唄を和歌山富十郎に師事していたが昭和29年新東宝に入り、「忍術児雷也」でデビュー。白塗りの二枚目からしだいにキャラクターの転換をはかり、東映やくざ映画では独得のワルとして「極道」シリーズなどで活躍。新境地を開く努力は70年代も続き、「子連れ狼」を大ヒットさせ「悪魔の手毬唄」「陰獣」等に出演。さらに53年NHKの「事件」で弁護士に扮し、その好演が絶賛され、54年には「衝動殺人・息子よ」で各種男優主演賞を独占した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

若山 富三郎
ワカヤマ トミサブロウ


職業
俳優

本名
奥村 勝(オクムラ マサル)

別名
別名=城 健三郎

生年月日
昭和4年 9月1日

出生地
東京市 深川区(東京都 江東区)

学歴
日大三中卒

経歴
長唄三味線方・杵屋勝東治の長男で、弟は勝新太郎。日大三中在学中は柔道に打ち込み、1年生で3回も落第するという破天荒な生活を送る。戦後は父のもとで長唄を修業し、さらに和歌山富十郎に師事して若山富三郎を名乗った。のち菊五郎劇団邦楽部に入り、長唄をやる傍ら、坂東八重之助に殺陣を習うが、間もなく歌舞伎界に不満を感じ退団。29年父や弟と吾妻徳穂のアズマカブキに参加し渡米。同年帰国後、新東宝に入社して映画界に身を投じ、「忍術児雷也」でデビュー。当初から破格の待遇を受け、デビュー3作目の30年「隠密若衆」では早くも主役に抜擢され、以降も「番場の忠太郎」「男一匹」「江戸っ子金さん捕物帳」「人形佐七捕物帖」など時代劇を中心に白塗りの二枚目として活躍した。34年東映を経て、37年大映に移籍し、城健三郎に改名。弟ともしばしば共演。やがてキャラクターの転換を図り、41年東映に復帰。芸名を若山富三郎に戻してからは、〈極道〉シリーズ、〈前科者〉シリーズ、〈極悪坊主〉シリーズ、〈緋牡丹博徒〉シリーズなど、主に同社のやくざ映画に出演。狂暴だが貫禄と魅力を具えたワルを演じ、大スターとして目されるようになった。47年弟の主宰する勝プロで製作された「子連れ狼・子を貸し腕貸しつかまつる」で演じた“子連れ狼”拝一刀が好評を博し、以後、49年まで6作が製作されるヒットシリーズとなる。また、自身の原作・製作・主演による48年の「桜の代紋」の他、「日本悪人伝」「悪魔の手毬唄」「陰獣」などに出演。テレビでは53年、弁護士に扮したNHK「事件」の好演が絶賛を受けた。同年米国映画「がんばれベアーズ」に出演。舞台にも積極的で、蜷川幸雄の「三文オペラ」「アニー」などの他、53年河内山宗俊を演じた新宿コマ劇場の「歌舞伎模様・天保六花撰」で芸術祭大賞を受賞。54年には木下恵介監督「衝動殺人・息子よ」で、キネマ旬報主演男優賞をはじめとして各種主演男優賞を独占した。58年心筋梗塞で倒れるが、闘病生活を送りながらも「修羅の群れ」「山下少年物語」「社葬」「女帝春日局」などの映画に出演し、平成元年のリドリー・スコット監督による米国映画「ブラック・レイン」ではマイケル・ダグラス、高倉健、松田優作らを向こうに回し、独自の存在感をみせた。2年頃から糖尿病が悪化し、4年にはペースメーカーを埋め込むなど、晩年は満身創痍であった。同年4月勝新太郎・中村玉緒夫妻や清川虹子と会食中に急死した。

受賞
ブルー・リボン賞助演男優賞(第20回・昭和52年度)「姿三四郎」「悪魔の手鞠唄」,芸術祭大賞(第33回)〔昭和53年〕,キネマ旬報賞主演男優賞(昭54年度),ブルーリボン賞主演男優賞(昭54年度) 毎日映画コンクール主演男優賞(昭54年度)「衝動殺人・息子よ」

没年月日
平成4年 4月2日 (1992年)

家族
娘=友 加代子(女優),息子=若山 騎一郎(俳優),父=杵屋 勝東治(長唄三味線方),弟=勝 新太郎(俳優)

親族
義妹=中村 玉緒(女優),姪=奥村 真粧美(女優),甥=鴈 龍太郎(俳優)

伝記
おこりんぼさびしんぼ―若山富三郎・勝新太郎 無頼控不器用に生きた男 わが父若山富三郎星を喰った男殺陣―チャンバラ映画史男優女優の昭和誌映画極道(スクリーンマフィア)物語―映画の舞台裏(しかけ)お見せします 山城 新伍 著若山 騎一郎 著潮 健児 著永田 哲朗 著はが やすし 著日本映画助監督協会 編(発行元 廣済堂出版ひらく,ごま書房〔発売〕バンダイ社会思想社人間の科学社ダイナミックセラーズ ’08’98’93’93’92’88発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

367日誕生日大事典の解説

若山 富三郎 (わかやま とみさぶろう)

生年月日:1929年9月1日
昭和時代;平成時代の俳優
1992年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

若山 富三郎の関連キーワード子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎子連れ狼 死に風に向う乳母車子連れ狼 三途の川の乳母車かんばれ!ベアーズ 大旋風緋牡丹博徒 お命戴きます緋牡丹博徒 仁義通します子連れ狼 親の心子の心緋牡丹博徒 鉄火場列伝緋牡丹博徒 お竜参上緋牡丹博徒 一宿一飯日本ダービー 勝負博奕打ち 総長賭博子連れ狼 冥府魔道懲役十八年 仮出獄衝動殺人 息子よ博奕打ち総長賭博桜の森の満開の下博徒斬り込み隊暴力団再武装

若山 富三郎の関連情報