コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若年性パーキンソン病

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

若年性パーキンソン病

体の運動を円滑にする「ドーパミン」という神経伝達物質を作る脳内細胞が減ってしまう病気。40歳前後までの発病を言う。原因不明。手足が震えたり、筋肉が固まったようになったりするなどの症状が出る。若年性の場合、薬が効いている時と効いていない時がはっきりしている。薬が効いていない時の姿が理解されにくいのが患者の悩みだという。

(2010-03-23 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

若年性パーキンソン病の関連キーワードパーキンソン症候群

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android