コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若戸大橋と若戸トンネル

1件 の用語解説(若戸大橋と若戸トンネルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

若戸大橋と若戸トンネル

若戸大橋は旧日本道路公団が1962年に約51億円をかけて開通させ、90年には約174億円をかけ4車線化。2005年には市が約83億円で同公団から引き継ぎ、06年には市道路公社が市から約77億円で引き継いだ。このため、若戸大橋にからんで市道路公社が抱える13年度末の借入金は約49億円に上る。若戸トンネルは、若戸大橋の渋滞緩和を目的にした海底トンネルとして12年に開通。国が約750億円、市が約210億円、市道路公社が約36億円を負担し、計約996億円かけて建設された。市道路公社の負担分のうち、まだ約29億円が借入金として残っている。この結果、若戸大橋と若戸トンネルを合わせた市道路公社の借入金は約78億円。順調にいけば27年度までに完済できる見込みのため、同年度が無料化の目標時期となった。

(2014-04-25 朝日新聞 朝刊 北九 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

若戸大橋と若戸トンネルの関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone