若杉 鳥子(読み)ワカスギ トリコ

20世紀日本人名事典「若杉 鳥子」の解説

若杉 鳥子
ワカスギ トリコ

大正・昭和期の歌人,小説家



生年
明治25(1892)年12月25日

没年
昭和12(1937)年12月18日

出生地
東京・下谷

経歴
東京・下谷に豪商庶子として生まれる。茨木県古河の芸者置屋養女となったが、家業を嫌って上京、中央新聞の記者となった。少女時代から小説家を志して「女子文壇」に投稿、横瀬夜雨師事。大正14年「烈日」で認められプロレタリア女流作家の草分けとなった。「梁上の足」「古鏡」「帰郷」などの主要作と随想短歌を収めた遺稿集「帰郷」がある。平成11年詩歌集「一水」(林幸雄編)が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android