若柳 寿童(初代)(読み)ワカヤギ ジュドウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

若柳 寿童(初代)
ワカヤギ ジュドウ


職業
日本舞踊家(若柳流)

肩書
若柳流創始者

本名
若林 勇吉

別名
前名=花柳 芳松(2代目),若柳 吉松(ワカヤギ キチマツ)

生年月日
弘化2年 6月23日

出生地
江戸・吉原(東京都)

経歴
江戸吉原の引手茶屋・若水に生まれる。6歳の春から舞踊を習い、13歳で花柳流の流祖・花柳寿輔の門に入り、15歳の時花柳芳松の名を与えられた。万延元年から守田座へ振付師として出勤、明治初期から花柳界(柳橋)の踊師匠として活躍した。師匠没後、28年若柳吉松と改名し別派(若柳流)を結成、以来名手の誉高く、38年61歳の時寿童と改名。大正4年引退。芸風は端麗にして柔和をもって知られた。

没年月日
大正6年 7月22日 (1917年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android