若柳 寿童(1代目)(読み)ワカヤギ ジュドウ

20世紀日本人名事典の解説

若柳 寿童(1代目)
ワカヤギ ジュドウ

明治・大正期の日本舞踊家(若柳流) 若柳流創始者。



生年
弘化2年6月23日(1845年)

没年
大正6(1917)年7月22日

出生地
江戸・吉原

本名
若林 勇吉

別名
前名=花柳 芳松(2代目),若柳 吉松(ワカヤギ キチマツ)

経歴
江戸吉原の引手茶屋・若水に生まれる。6歳の春から舞踊を習い、13歳で花柳流の流祖・花柳寿輔の門に入り、15歳の時花柳芳松の名を与えられた。万延元年から守田座へ振付師として出勤、明治初期から花柳界(柳橋)の踊師匠として活躍した。師匠没後、28年若柳吉松と改名し別派(若柳流)を結成、以来名手の誉高く、38年61歳の時寿童と改名。大正4年引退。芸風は端麗にして柔和をもって知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android