若柳 寿童(1代目)(読み)ワカヤギ ジュドウ

20世紀日本人名事典の解説

若柳 寿童(1代目)
ワカヤギ ジュドウ

明治・大正期の日本舞踊家(若柳流) 若柳流創始者。



生年
弘化2年6月23日(1845年)

没年
大正6(1917)年7月22日

出生地
江戸・吉原

本名
若林 勇吉

別名
前名=花柳 芳松(2代目),若柳 吉松(ワカヤギ キチマツ)

経歴
江戸吉原の引手茶屋・若水に生まれる。6歳の春から舞踊を習い、13歳で花柳流の流祖・花柳寿輔の門に入り、15歳の時花柳芳松の名を与えられた。万延元年から守田座へ振付師として出勤、明治初期から花柳界(柳橋)の踊師匠として活躍した。師匠没後、28年若柳吉松と改名し別派(若柳流)を結成、以来名手の誉高く、38年61歳の時寿童と改名。大正4年引退。芸風は端麗にして柔和をもって知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android