コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭成業 わかさ せいぎょう

1件 の用語解説(若狭成業の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

若狭成業

南画家。秋田県生。名は忠太郎、別号を如岳・物外。初め小野崎如水・高橋晁山に入門し、上京後寺崎広業に、のち京都で山田介堂に学ぶ。中国へ歴遊し、王一亭・呉昌碩と親交し、その影響を受けた。巽画会会員。昭和32年(1957)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若狭成業の関連キーワード三井飯山丹鶴舟藤井華浦松尾晩翠大山雅堂桜井雲洞木村棲雲後藤秋山田介雲幸松春浦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone