コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英一蝶(初代) はなぶさ いっちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英一蝶(初代) はなぶさ-いっちょう

1652-1724 江戸時代前期-中期の画家。
承応(じょうおう)元年生まれ。狩野安信の門人。多賀朝湖と称す。のち菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)らをみならい,江戸の都市風俗をえがいた。俳諧(はいかい)を松尾芭蕉にまなぶ。元禄(げんろく)11年(1698)幕府の怒りにふれ三宅島に流されたが,のち江戸にかえり英一蝶と改名。享保(きょうほう)9年1月13日死去。73歳。京都出身。名は信香。字(あざな)は君受。別号に北窓翁など。俳号は暁雲。作品に「朝暾曳馬(ちょうとんえいば)図」「四季日待図巻」など。
【格言など】まぎらはず浮世の業も色どりも有りとて月の薄墨の空(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

英一蝶(初代)の関連キーワード承応戸次庄左衛門松木荘左衛門別木庄左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門デ・ロイテルホイヘンス英一蝶英一蝶

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone