英大衆紙の盗聴事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

英大衆紙の盗聴事件

米ニューズ社会長ルパート・マードック氏傘下の英日曜大衆紙が、殺された少女の携帯電話の留守番メッセージを盗聴していたことが2011年7月に判明。同紙は廃刊になり、編集幹部らが逮捕された。キャメロン英首相は同月、高裁判事を委員長とする独立調査委員会を設置。12年11月29日に「立法による監督機関の設置」を勧告した。

(2013-06-26 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android