コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英領ケイマン諸島

1件 の用語解説(英領ケイマン諸島の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

英領ケイマン諸島

キューバの南方のカリブ海に浮かぶ3島に住む約5万1千人の国籍は、約120におよぶ。議会制による自治を行い、与党党首が首席大臣となる。英政府からの総督が対外関係などを担う。国内総生産(GDP)は2009年の推計で25億7700万ドル(約2千億円)。約4割が金融サービスで、3~4割を観光が占める。1670年に英領に。米国務省によると、無税の歴史は18世紀、座礁した英領ジャマイカ商船をケイマン人が救い、報奨として英ジョージ3世が税を免除したのが始まりだ。

(2012-01-09 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英領ケイマン諸島の関連キーワードカリブ海メキシコ湾目に浮かぶ牙買加胸に浮かぶカリブ海の秘密カリブの監視キューバ・リブレ無法のカリブ海キューバリブレ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

英領ケイマン諸島の関連情報