茂山千作(3代)(読み)しげやま せんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山千作(3代) しげやま-せんさく

1896-1986 大正-昭和時代の能楽師狂言方。
明治29年8月30日生まれ。10代茂山千五郎の養子。大蔵流。昭和21年11代千五郎を,41年3代千作を襲名太郎冠者(かじゃ)物,出家物を得意とし,3代茂山忠三郎とともに京都の狂言を代表。狂言の普及にもつくした。51年人間国宝,52年芸術院賞。昭和61年7月19日死去。89歳。京都出身。本名は真一(まさかず)。著作に「狂言85年」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android