コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山忠三郎(4代) しげやま ちゅうざぶろう

1件 の用語解説(茂山忠三郎(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山忠三郎(4代) しげやま-ちゅうざぶろう

1928-2011 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
昭和3年4月3日生まれ。大蔵流,3代茂山忠三郎の次男。昭和7年「業平餅(なりひらもち)」で初舞台。40年4代茂山忠三郎を襲名。47年日本能楽会会員。54年より忠三郎狂言会を主宰。63年「木六駄(きろくだ)」で芸術祭賞。平成13年「伯母ヶ酒(おばがさけ)」で芸術祭大賞。16年日本能楽会理事。16年観世寿夫記念法政大学能楽賞。おおらかで骨太な芸風で知られ,海外公演も多かった。平成23年8月20日死去。83歳。京都府出身。立命館大卒。本名は倖一(こういち)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

茂山忠三郎(4代)の関連キーワード高嶋香帆治安維持法田村夏奈子BarbieLips安里勇哉凸姫@音長倉正明本間大貴肉牛田子(町)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone