コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山忠三郎(4代) しげやま ちゅうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茂山忠三郎(4代) しげやま-ちゅうざぶろう

1928-2011 昭和-平成時代の能楽師狂言方。
昭和3年4月3日生まれ。大蔵流,3代茂山忠三郎の次男。昭和7年「業平餅(なりひらもち)」で初舞台。40年4代茂山忠三郎を襲名。47年日本能楽会会員。54年より忠三郎狂言会を主宰。63年「木六駄(きろくだ)」で芸術祭賞。平成13年「伯母ヶ酒(おばがさけ)」で芸術祭大賞。16年日本能楽会理事。16年観世寿夫記念法政大学能楽賞。おおらかで骨太な芸風で知られ,海外公演も多かった。平成23年8月20日死去。83歳。京都府出身。立命館大卒。本名は倖一(こういち)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

茂山忠三郎(4代)の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助高嶋香帆田坂具隆小津安二郎田村夏奈子

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android