コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城のアンコウ

1件 の用語解説(茨城のアンコウの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

茨城のアンコウ

アンコウには複数の種類があり、県内で主に漁業の対象になるのは大型で味がよいとされる「キアンコウ」。大きなものは重さが20キロを超す。底引き網漁が禁漁の7、8月を除き一年中とれる。県水産試験場の集計(2009年)によると、県内の漁獲量は83トンで全国6位。最も多いのは青森県(907トン)で、2位は山口県(610トン)。この年の3位は福島県(294トン)だったが、現在は原発事故を受けて沿岸漁業が自粛されているため、流通していない。

(2012-03-27 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茨城のアンコウの関連キーワード普通株式マルチタスクあんこ群婚聞香鮟鱇形海技士iichiko BAR協会貨物約款歩様

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone