コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県つくばみらい市 つくばみらい〈し〉

1件 の用語解説(茨城県つくばみらい市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕つくばみらい〈市〉(つくばみらい〈し〉)


茨城県つくば市の南西に位置する市。
鬼怒川小貝川が流れる。関東鉄道常総線つくばエクスプレスが通じており、みらい平駅周辺では、宅地開発が進む。2006年(平成18)3月、筑波郡伊奈町と、同谷和原(やわら)村が合併して成立。江戸時代、小貝川治水事業で福岡堰を建設、広大な水田が開墾された。稲作・ネギなどの野菜栽培が盛ん。金属・機械などの工場もある。旧・伊奈町は間宮林蔵の生地であり、記念館・墓がある。小張松下流綱火(つなび)、高岡流綱火はいずれも国の重要無形民俗文化財。歴史公園ワープステーション江戸は、首都圏唯一の時代劇オープンセットとして、映画やテレビドラマの撮影に利用されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県つくばみらい市の関連情報