茨城県下妻市(読み)しもつま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕下妻〈市〉(しもつま〈し〉)


茨城県南西部の市。
市の中央に砂沼、東に小貝(こかい)川、西に鬼怒(きぬ)川があり、水資源が豊か。2006年(平成18)1月、結城郡千代川村と合併し、現在の姿となる。江戸時代中期から譜代大名井上氏の陣屋町、鬼怒川水運の河港として発展した。食肉加工・製菓などの食品工場に加え、電機・金属などの大手工場が進出している。稲作・畜産のほか、赤ナシなどの果樹や花卉(かき)のポピー栽培が盛ん。西部地域には筑波サーキットがあり、全国から多くのモータースポーツ・ファンが集う。大宝(だいほう)八幡宮本殿は国の重要文化財に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県下妻市の関連情報