茨城県北茨城市(読み)きたいばらき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕北茨城〈市〉(きたいばらき〈し〉)


茨城県北東端、福島県に接する市。
阿武隈高地東斜面に位置し、太平洋に面する。常磐炭田南部の産炭地だったが、現在はすべて閉山。代わって磯原工業団地や炭鉱跡地に電機・化学・プラスチックなどの工場が進出。大津港・平潟(ひらかた)港は近海・沿岸漁業の基地。北西部の花園渓谷はシャクナゲ・紅葉の名所。五浦(いづら)海岸は景勝地として知られ、岡倉天心ゆかりの六角堂がある。詩人の野口雨情(うじょう)は磯原村(現磯原町)の生まれで、市内に生家・記念館がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県北茨城市の関連情報