コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県小美玉市(読み)おみたま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕小美玉〈市〉(おみたま〈し〉)


茨城県の中央部、南は霞ヶ浦に接する市。
2006年(平成18)3月、東茨城郡小川町、同郡美野里町、新治郡玉里村が合併して成立。市の名称は合併した各町村の頭の一文字をとったもの。小川地区には江戸時代、水戸藩運送方役所が置かれた。養鶏・稲作・ニラ・葉タバコなどの栽培が盛ん。美野里地区では農業に加え養豚をはじめとする畜産・酪農が盛んで、食品加工工場などがある。霞ヶ浦に面した玉里地区では、稲作・レンコン・ナシ・柿などの栽培と畜産が盛ん。その他、食品・文具などの工場がある。市の東部には航空自衛隊百里(ひゃくり)基地がある。現在この基地の飛行場を民間共用化すべく、整備事業が進められている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県小美玉市の関連情報