コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県小美玉市 おみたま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕小美玉〈市〉(おみたま〈し〉)


茨城県の中央部、南は霞ヶ浦に接する市。
2006年(平成18)3月、東茨城郡小川町、同郡美野里町、新治郡玉里村が合併して成立。市の名称は合併した各町村の頭の一文字をとったもの。小川地区には江戸時代、水戸藩運送方役所が置かれた。養鶏・稲作・ニラ・葉タバコなどの栽培が盛ん。美野里地区では農業に加え養豚をはじめとする畜産・酪農が盛んで、食品加工工場などがある。霞ヶ浦に面した玉里地区では、稲作・レンコン・ナシ・柿などの栽培と畜産が盛ん。その他、食品・文具などの工場がある。市の東部には航空自衛隊百里(ひゃくり)基地がある。現在この基地の飛行場を民間共用化すべく、整備事業が進められている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

茨城県小美玉市の関連キーワード茨城県小美玉市栗又四ケ茨城県小美玉市田木谷茨城県小美玉市小岩戸茨城県小美玉市上吉影茨城県小美玉市上馬場茨城県小美玉市外之内茨城県小美玉市花野井茨城県小美玉市上玉里茨城県小美玉市東田中茨城県小美玉市下吉影茨城県小美玉市下玉里茨城県小美玉市下馬場茨城県小美玉市橋場美茨城県小美玉市中野谷茨城県小美玉市小曽納茨城県小美玉市西郷地茨城県小美玉市川中子茨城県小美玉市張星茨城県小美玉市羽鳥茨城県小美玉市幡谷

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県小美玉市の関連情報