コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県常総市 じょうそう〈し〉

1件 の用語解説(茨城県常総市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕常総〈市〉(じょうそう〈し〉)


茨城県南西部、鬼怒(きぬ)川沿いの町。
首都圏の近郊住宅都市の一つ。2006年(平成18)1月、水海道市と結城郡石下町が合併・改称して成立した。江戸時代から鬼怒川水運の河港、農産物集散地として発展。台地上に数ヵ所の大型工業団地を造成、機械・金属・電機や乳製品工場などが進出。稲作のほか野菜栽培が盛ん。南部には常総ニュータウンきぬの里がある。旧・石下地区に、小説『土』で名高い長塚節(たかし)の生家があり、市内各所には歌碑も点在する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県常総市の関連情報