茨城県常陸大宮市(読み)ひたちおおみや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕常陸大宮〈市〉(ひたちおおみや〈し〉)


茨城県の北西部、八溝(やみぞ)山地及び阿武隈山地の南端と関東平野周縁台地北端の境界部に位置する市。
2004年(平成16)10月、那珂郡常陸大宮町(大宮町より改称)、同山方町、同緒川村、同美和村、東茨城郡御前山村の5町村が合併して成立。市内には東に久慈川、南に那珂川、中央部に緒川、玉川が流れる。林業・畜産・酪農・米麦作のほか、葉タバコ・シイタケ・コンニャクなどを生産。茨城県のブランド牛常陸牛を飼育する。市内には2つの工業団地があり、企業誘致を進めている。美和地区、山方地区は、古くから手漉き和紙の産地として知られ、特に旧・美和村の特産品鷲子(とりのこ)紙は明治中期まで良質な和紙として有名だった。市内には、農業生物資源研究所の放射線育種場、御前山青少年旅行村、鷲子山上神社、『水戸黄門漫遊記』の風車の弥七のモデルとされる松之草村小八兵衛の墓などの観光地がある。久慈川はアユ釣りの名所で、山方宿駅の近くに淡水魚館がある。パークアルカディア、花立自然公園、三王山自然公園など、豊かな自然を生かしたレジャー施設も多い。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県常陸大宮市の関連情報