コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県常陸太田市 ひたちおおた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕常陸太田〈市〉(ひたちおおた〈し〉)


茨城県北部の都市。
南部は広く開けた水田地帯、北部は阿武隈山系の一部。市内を久慈川およびその支流である里川、山田川、浅川が流れる。日立市常陸大宮市に挟まれ、日立市への通勤者も多い。2004年(平成16)12月、久慈郡金砂郷町、同里美村、同水府村を合併して現在の姿となる。旧・常陸太田市は近世初頭まで豪族佐竹氏の本拠地として発展。のちに水戸藩領となった。佐竹氏にゆかりの社寺や、徳川光圀が隠棲した西山荘や水戸・徳川家墓地の瑞竜山など徳川家に関する史跡が多く残されている。市の南部では、稲作のほかダイズ・ムギ・ソバ・ブドウ・ナシなどの栽培が盛ん。中部の水府地区は古くから水府葉タバコの産地として名高い。里美地区は古くは馬産地で、現在は広大な牧場で肉牛・乳牛を飼育。観光牧場プラトーさとみがある。里美・水府の両地区では林業も行われる。北部の竜神峡・竜神ダム一帯は紅葉の名所で、歩行者専用としては本州一の長さを誇る長大な竜神大吊橋が行楽客でにぎわう。金砂郷地区の西金砂(にしかなさ)神社は平安時代の創建とされ、東金砂神社とともに金砂田楽の行事が残る(国の選択無形民俗文化財・県の指定無形民俗文化財)。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

茨城県常陸太田市の関連キーワード茨城県常陸太田市西河内下町茨城県常陸太田市西河内上町茨城県常陸太田市下宮河内町茨城県常陸太田市西河内中町茨城県常陸太田市下利員町茨城県常陸太田市中利員町茨城県常陸太田市河内西町茨城県常陸太田市木崎一町茨城県常陸太田市里野宮町茨城県常陸太田市木崎二町茨城県常陸太田市下大門町茨城県常陸太田市下河合町茨城県常陸太田市常福地町茨城県常陸太田市天神林町茨城県常陸太田市東連地町茨城県常陸太田市久米町茨城県常陸太田市小菅町茨城県常陸太田市国安町茨城県常陸太田市小目町茨城県常陸太田市折橋町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県常陸太田市の関連情報