コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県東茨城郡城里町 しろさと〈まち〉

1件 の用語解説(茨城県東茨城郡城里町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕城里〈町〉(しろさと〈まち〉)


茨城県東茨城郡にある町。
東部を那珂(なか)川が流れ、周囲を八溝(やみぞ)山系の山々が囲む。町の西部は栃木県に接する。2005年(平成17)2月、東茨城郡常北町、同桂村、西茨城郡七会村が合併・改称して成立。旧・常北町の中心部、石塚地区は、水戸市と栃木県の烏山町を結ぶ那須(なす)街道の要衝として発展した。町内には7つのゴルフ場があるほか、山びこの郷、ふれあいの里などのキャンプ場や野外活動センターが整備されている。稲作・畜産・酪農や、茶・シイタケ・ゴボウ・トマトなどの栽培が盛ん。旧・桂村は、伝統的工芸品の粟野春慶塗(しゅんけいぬり)で知られる(県の無形文化財に指定)。 小松寺阿(真言宗)所蔵の浮彫如意輪観音像は国の重要文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県東茨城郡城里町の関連情報