コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県桜川市 さくらがわ〈し〉

1件 の用語解説(茨城県桜川市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕桜川〈市〉(さくらがわ〈し〉)


茨城県の中西部にある市。
北部は栃木県と接する。筑波山、足尾山などの山並みに囲まれた平野部のほぼ中央を桜川が流れる。市の名称はこの川の名に由来する。2005年(平成17)10月、真壁郡真壁町、同大和村、西茨城郡岩瀬町が合併して成立。旧・真壁町は江戸時代初期まで真壁氏の城下町として繁栄。加波(かば)山西麓で御影石を産し、墓石・灯籠などをつくる石材業が発展した。真壁石燈籠は国の伝統的工芸品に指定されている。地場産業の酒造業・製麺業も盛ん。稲作・畜産・葉タバコやスイカ・キュウリなどの栽培が行われるほか、電機・機械工場などもある。桜川(サクラ)は国の名勝、桜川のサクラは国の天然記念物。世阿弥元清による謡曲「桜川」は、この地を題材にしたものである。街並は重要伝統的建造物群保存地区に指定。富谷山小山(とみやさんおやま)寺の三重塔は国の重要文化財。雨引(あまびき)観音の名で親しまれる楽法(らくほう)寺は、安産子育ての霊場として知られ、多くの文化財を所蔵する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県桜川市の関連情報