コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県桜川市 さくらがわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕桜川〈市〉(さくらがわ〈し〉)


茨城県の中西部にある市。
北部は栃木県と接する。筑波山、足尾山などの山並みに囲まれた平野部のほぼ中央を桜川が流れる。市の名称はこの川の名に由来する。2005年(平成17)10月、真壁郡真壁町、同大和村、西茨城郡岩瀬町が合併して成立。旧・真壁町は江戸時代初期まで真壁氏の城下町として繁栄。加波(かば)山西麓で御影石を産し、墓石・灯籠などをつくる石材業が発展した。真壁石燈籠は国の伝統的工芸品に指定されている。地場産業の酒造業・製麺業も盛ん。稲作・畜産・葉タバコやスイカ・キュウリなどの栽培が行われるほか、電機・機械工場などもある。桜川(サクラ)は国の名勝、桜川のサクラは国の天然記念物。世阿弥元清による謡曲「桜川」は、この地を題材にしたものである。街並は重要伝統的建造物群保存地区に指定。富谷山小山(とみやさんおやま)寺の三重塔は国の重要文化財。雨引(あまびき)観音の名で親しまれる楽法(らくほう)寺は、安産子育ての霊場として知られ、多くの文化財を所蔵する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

茨城県桜川市の関連キーワード茨城県桜川市真壁町大塚新田重要伝統的建造物群保存地区茨城県桜川市真壁町上小幡茨城県桜川市真壁町伊佐々茨城県桜川市上野原地新田茨城県桜川市真壁町源法寺茨城県桜川市真壁町上谷貝茨城県桜川市真壁町下小幡茨城県桜川市真壁町下谷貝茨城県桜川市真壁町亀熊茨城県桜川市真壁町白井茨城県桜川市真壁町酒寄茨城県桜川市真壁町飯塚茨城県桜川市真壁町椎尾茨城県桜川市真壁町桜井茨城県桜川市富士見台茨城県桜川市西飯岡茨城県桜川市西桜川茨城県桜川市東桜川茨城県桜川市東飯田

茨城県桜川市の関連情報