コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県牛久市 うしく〈し〉

1件 の用語解説(茨城県牛久市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕牛久〈市〉(うしく〈し〉)


茨城県南部の住宅都市
牛久沼東岸の常総台地に位置する。旧宿場町。昭和50年代から東京近郊の住宅都市として人口が急増。プラスチック・製紙・製薬などの工場がある。日本で最初のワイン醸造所の牛久シャトーがある。ラッカセイが特産品。牛久大仏は世界一の高さの大仏としてギネスブックにも公認されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県牛久市の関連情報