コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県牛久市 うしく〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕牛久〈市〉(うしく〈し〉)


茨城県南部の住宅都市
牛久沼東岸の常総台地に位置する。旧宿場町。昭和50年代から東京近郊の住宅都市として人口が急増。プラスチック・製紙・製薬などの工場がある。日本で最初のワイン醸造所の牛久シャトーがある。ラッカセイが特産品。牛久大仏は世界一の高さの大仏としてギネスブックにも公認されている。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県牛久市の関連情報