茨城県石岡市(読み)いしおか〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕石岡〈市〉(いしおか〈し〉)


茨城県のほぼ中央に位置する市。
西部から北部にかけて筑波山系が連なり、東南部には霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川が流れる。2005年(平成17)10月、新治郡八郷町と合併して現在の姿となる。古代に常陸国府がおかれた地。常陸国分寺跡常陸国分尼寺跡は特別史跡に指定されている。江戸時代中期から松平氏2万石の陣屋町。伝統的に清酒・みそ・しょうゆの醸造業が盛ん。金属・電機・鉄鋼などの工場もある。市の西部の八郷地区では野菜・果樹栽培、酪農などが盛んで、観光果樹園も多い。気象庁の地磁気観測所がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県石岡市の関連情報