コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県石岡市 いしおか〈し〉

1件 の用語解説(茨城県石岡市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕石岡〈市〉(いしおか〈し〉)


茨城県のほぼ中央に位置する市。
西部から北部にかけて筑波山系が連なり、東南部には霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川が流れる。2005年(平成17)10月、新治郡八郷町と合併して現在の姿となる。古代に常陸国府がおかれた地。常陸国分寺跡常陸国分尼寺跡特別史跡に指定されている。江戸時代中期から松平氏2万石の陣屋町。伝統的に清酒・みそ・しょうゆの醸造業が盛ん。金属・電機・鉄鋼などの工場もある。市の西部の八郷地区では野菜・果樹栽培、酪農などが盛んで、観光果樹園も多い。気象庁地磁気観測所がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県石岡市の関連情報