コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県稲敷市(読み)いなしき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕稲敷〈市〉(いなしき〈し〉)


茨城県南部、霞ヶ浦南岸、稲敷台地に広がる市。
市の南東は千葉県に接する。2005年3月、稲敷郡江戸崎町、同新利根町、同桜川村、同東町が合併して成立。旧・江戸崎町は江戸時代には霞ヶ浦水運の要港として栄えた。浮島地区は干拓事業で陸続きとなった地域。農業では稲作とレンコン栽培が盛んで、その他マッシュルーム・カボチャ・スイカなどの栽培、酪農・畜産も行われる。南部の新利根川・小野川は釣りの好適地。霞ヶ浦の水辺では、国の天然記念物のオオヒシクイなど、多数の野鳥が観察できる。桜川地区にある大杉神社は海河守護・厄除けの鎮守で、大杉祭のあんば囃子(国の選択無形民俗文化財)が有名。江戸崎農業公園ポティロンの森、浮島キャンプ場などのレジャー施設がある。桜川総合運動公園野球場は、社会人野球クラブチーム茨城ゴールデンゴールズの本拠地である。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県稲敷市の関連情報