コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県笠間市 かさま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕笠間〈市〉(かさま〈し〉)


茨城県中部の観光・商業都市。
市内を貫流する涸沼(ひぬま)川流域の小盆地に市街地が広がる。北西部に八溝(やみぞ)山系が連なり、南西部には愛宕山がある。2006年(平成18)3月、旧・笠間市と当時の西茨城郡友部町、同岩間町が合併して成立。笠間市は江戸時代には笠間藩の城下町、笠間稲荷神社の鳥居前町として栄えた。JR常磐線・JR水戸線の鉄道、常磐自動車道・北関東自動車道が通じる交通の要衝。特産品である笠間焼の窯業と稲田(いなだ)石(御影石)の石材業のほか、衣料・木材工場などがある。稲作・酪農と園芸作物やナシ・クリなどの栽培が盛ん。金属・電機・コンクリート製造・機械工場なども。岩間地区では竹箒を特産。茨城県陶芸美術館、笠間日動(にちどう)美術館がある。岩間地区の愛宕神社で行われる悪態祭は悪口を言い合う奇祭として有名。片庭ヒメハルゼミ発生地はヒメハルゼミの北限発生地として国の天然記念物に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

茨城県笠間市の関連キーワード茨城県笠間市長兎路仁古田入会地茨城県笠間市仁古田長兎路入会地茨城県笠間市住吉湯崎入会地茨城県笠間市箱田大郷戸片庭茨城県笠間市泉市野谷入会地茨城県笠間市箱田大郷戸茨城県笠間市上加賀田茨城県笠間市中市原茨城県笠間市市野谷茨城県笠間市上市原茨城県笠間市大古山茨城県笠間市長兎路茨城県笠間市日草場茨城県笠間市仁古田茨城県笠間市随分附茨城県笠間市池野辺茨城県笠間市北吉原茨城県笠間市大郷戸茨城県笠間市南友部茨城県笠間市矢野下

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県笠間市の関連情報