コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県行方市 なめがた〈し〉

1件 の用語解説(茨城県行方市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕行方〈市〉(なめがた〈し〉)


茨城県南東部の市。
東を北浦、西を西浦の霞ヶ浦に囲まれた地形で、水際線延長は県内一。2005年(平成17)9月、行方郡麻生町、同北浦町、同玉造町が合併して成立。霞ヶ浦大橋が対岸のかすみがうら市との間を結ぶ。行方市と鹿嶋市を結ぶ北浦大橋の通称はサンブリッジ。淡水湖に架かる橋としては琵琶湖大橋に次ぐ全国2位の長さを誇る。稲作、養豚のほか、葉タバコサツマイモ・みず菜・イチゴなどを生産。コイやワカサギの漁が霞ヶ浦・北浦で行われ、麻生地区では佃煮を特産している。コイやティラピアの養殖も行う。玉造地区北部には工業団地がある。三昧塚(さんまいづか)古墳(5世紀後半)は市の史跡。霞ヶ浦に面する天王崎公園は景勝地で、水郷筑波国定公園にも指定。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県行方市の関連情報