コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県那珂市 なか〈し〉

1件 の用語解説(茨城県那珂市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕那珂〈市〉(なか〈し〉)


茨城県中部、那珂台地の中央、水戸(みと)市の北に接する市。
農業は稲作のほか、ヤマイモゴボウキュウリ・スギ苗などを栽培。精密機器・電機・機械・食品などの工場も進出。隣接する水戸市・ひたちなか市ベッドタウンとして都市化・宅地化が進む一方、高齢化・農業後継者の減少等に直面しており、地域特産物の開発・市内を通る常磐自動車道を利用した流通体制の整備などを進めている。静(しず)神社(銅印は国指定の重要文化財)、常福(じょうふく)寺(浄土宗)(絹本着色法然上人像、絹本着色拾遺古徳伝は国指定の重要文化財)がある。一の関ため池親水公園には冬になると白鳥が飛来する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県那珂市の関連情報