コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県鉾田市 ほこた〈し〉

1件 の用語解説(茨城県鉾田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕鉾田〈市〉(ほこた〈し〉)


茨城県南東部、鹿島灘に面した市。
北は涸沼(ひぬま)、南は北浦に接する。市内を鹿島臨海鉄道が南北に走る。2005年(平成17)10月、鹿島郡鉾田町と、同大洋村、同旭村が合併して成立した。温和な気候を活かした農業が盛んで、サツマイモ・ゴボウ・メロン・イチゴなどを栽培する。旭地区は旭メロンの特産地として全国的に有名。養豚施設も多い。江戸時代には那珂湊から涸沼・北浦経由で江戸に至る水陸交通の要衝として栄えた。旧・鉾田町は鹿島・行方両郡の中心であった。市北部のいこいの村涸沼はスポーツ施設の充実したレジャー基地。無量寿(むりょうじゅ)寺(浄土真宗)の紙本着色拾遺古徳伝絵・福泉寺(臨済宗)の木造釈迦如来立像はいずれも国の重要文化財

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県鉾田市の関連情報