コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県鉾田市 ほこた〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕鉾田〈市〉(ほこた〈し〉)


茨城県南東部、鹿島灘に面した市。
北は涸沼(ひぬま)、南は北浦に接する。市内を鹿島臨海鉄道が南北に走る。2005年(平成17)10月、鹿島郡鉾田町と、同大洋村、同旭村が合併して成立した。温和な気候を活かした農業が盛んで、サツマイモ・ゴボウ・メロン・イチゴなどを栽培する。旭地区は旭メロンの特産地として全国的に有名。養豚施設も多い。江戸時代には那珂湊から涸沼・北浦経由で江戸に至る水陸交通の要衝として栄えた。旧・鉾田町は鹿島・行方両郡の中心であった。市北部のいこいの村涸沼はスポーツ施設の充実したレジャー基地。無量寿(むりょうじゅ)寺(浄土真宗)の紙本着色拾遺古徳伝絵・福泉寺(臨済宗)の木造釈迦如来立像はいずれも国の重要文化財。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

茨城県鉾田市の関連キーワード茨城県鉾田市柏熊新田茨城県鉾田市勝下新田茨城県鉾田市新鉾田西茨城県鉾田市新鉾田茨城県鉾田市下冨田茨城県鉾田市下太田茨城県鉾田市大和田茨城県鉾田市台濁沢茨城県鉾田市上幡木茨城県鉾田市上冨田茨城県鉾田市上太田茨城県鉾田市二重作茨城県鉾田市菅野谷茨城県鉾田市駒木根茨城県鉾田市塔ケ崎茨城県鉾田市紅葉茨城県鉾田市箕輪茨城県鉾田市樅山茨城県鉾田市高田茨城県鉾田市白塚

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茨城県鉾田市の関連情報