コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県龍ケ崎市 りゅうがさき〈し〉

1件 の用語解説(茨城県龍ケ崎市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕龍ケ崎〈市〉(りゅうがさき〈し〉)


茨城県南部の市。
利根川の支流小貝(こかい)川東岸の低地に位置する。1970年代以降、大規模住宅団地を含むニュータウンの造成が進み、人口が急増した。江戸時代は仙台藩の領地として発展。機械・輸送用機器・電機などの工場が進出。西端のJR常磐線佐貫駅から市街中心部へ関東鉄道竜ヶ崎線が通じる。流通経済大学がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県龍ケ崎市の関連情報