茨木 杉風(読み)イバラギ サンプウ

20世紀日本人名事典の解説

茨木 杉風
イバラギ サンプウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治31(1898)年2月8日

没年
昭和51(1976)年8月12日

出生地
滋賀県近江八幡市

本名
茨木 芳蔵

別名
旧号=芳太郎,別号=芳寿堂

学歴〔年〕
滋賀県立八幡商卒

経歴
大正7年上京、近藤浩一路に師事。11年第9回院展に初入選、昭和5年日本美術院院友に。12年、小林巣居人、田中案山子らと新興美術院を結成。現代の文人画といわれる作風を展開し、代表作に「漁村冬日」「濠端三題」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android