コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茱萸・胡頽子 ぐみ

大辞林 第三版の解説

ぐみ【茱萸・胡頽子】

〔古くは「くみ」とも〕
グミ科グミ属の植物の総称。落葉または常緑の低木または小高木。全体に星状毛があり、葉は全縁。花は白色または淡黄色で小さく、葉腋ようえきに少数束生して下垂する。果実は赤く熟し、渋みのあるものが多いが食用になる。ナワシログミ・アキグミ・ツルグミ・トウグミなど。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

茱萸・胡頽子の関連キーワード落葉食用総称渋み常緑低木葉腋

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android