コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋四郎次郎(初代) ちゃや しろうじろう

2件 の用語解説(茶屋四郎次郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茶屋四郎次郎(初代) ちゃや-しろうじろう

1542-1596 戦国-織豊時代の豪商。
天文(てんぶん)11年生まれ。茶屋明延の子。三河(愛知県)以来の徳川家康御用商人本能寺の変では,家康の伊賀(いが)越えをたすける。のち京都で徳川家の呉服用達(ようたし)となり,隠密御用もつとめた。文禄(ぶんろく)5年閏(うるう)7月27日死去。55歳。本姓は中島。名は清延。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

茶屋四郎次郎(初代)

没年:慶長.1閏7.27(1596.9.19)
生年:天文11(1542)
近世初頭の京都の政商。四郎次郎は京都茶屋本家の代々の名称。初代四郎次郎清延は父四郎左衛門明延,母小笠原長隆の娘とされる。本姓は中嶋氏。清延は永禄のころ(1558~70)より三河(愛知県)の徳川氏の御用商であったが,この初代の清延は徳川家康と同年齢であって,若年より三河に赴いて家康の側近に仕え,特に昵懇な関係にあった。以来,徳川氏の「上方之御買物御用」や戦陣の諸道具の調達に当たり,家康のたびたびの合戦には常に側近に供奉。天正10(1582)年の家康生涯の危機であった「伊賀越」にも,茶屋の経済力をもって助力した。その後,豊臣秀吉政権においても,上方における家康の隠密御用を務め,対朝廷工作や政治状況を三河に通報するなど政商の役割を果たした。また同16年ごろより,一時家康の近江(滋賀県)の所領の代官職を務め,一方京都の町人頭として町方を統制したり,江戸の町割に関与するなど,重要かつ特殊な家臣であった。<参考文献>「茶屋文書」(京都市茶屋武郎氏蔵),中田易直「茶屋四郎次郎由緒考」(『歴史地理』87巻1・2号),同「豪商茶屋と三井」(『人物日本の歴史』8巻)

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶屋四郎次郎(初代)の関連キーワード三代茶屋四郎次郎幸流茶屋四郎次郎与次郎幸四郎次郎茶屋四郎次郎(2代)茶屋四郎次郎(3代)茶屋四郎次郎(4代)茶屋新四郎村山四郎次

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone