コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋四郎次郎(3代) ちゃや しろうじろう

2件 の用語解説(茶屋四郎次郎(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茶屋四郎次郎(3代) ちゃや-しろうじろう

1585-1622 江戸時代前期の豪商。
天正(てんしょう)13年生まれ。初代茶屋四郎次郎の次男。はじめ長谷川藤広の養子となるが,2代没後,徳川家康の命で家をつぎ,家康につかえる。慶長17年朱印船貿易を開始,交趾(コーチ)(ベトナム)との通商にたずさわった。元和(げんな)8年7月16日死去。38歳。名は清次。通称は又四郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

茶屋四郎次郎(3代)

没年:元和8.7.16(1622.8.22)
生年:天正13(1585)
江戸期初頭の代官的豪商,朱印船貿易家,公儀呉服師。2代茶屋四郎次郎清忠が早世したため,慶長8(1603)年初代四郎次郎清延の次男又四郎が他家に養子に出ていたのを徳川家康の命で家督を相続。同19年,3代目四郎次郎を襲名,名は清次。又四郎は同12年昵懇の長谷川左兵衛(もとの養子先)の長崎奉行就任に伴い,長崎奉行所で外国船の管理,キリシタンの吟味など外国貿易や都市長崎の行政に関与,家康の売買の代官として活躍している。大坂の陣(1614~15)前の家康の軍需物資の調達にも努めた。また同17年家康の特許で朱印船貿易を始め,安南国交趾(インドシナ半島)に派船して,以後朱印船貿易の主流となる。その他将軍家の側近御用,公儀呉服師の家業も務め,幕閣内に隠然とした勢力を持った。<参考文献>「茶屋文書」(京都市茶屋武郎氏蔵),中田易直「茶屋四郎次郎由緒考」(『歴史地理』87巻1・2号)

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶屋四郎次郎(3代)の関連キーワード荒木宗太郎朱印船末吉孫左衛門御朱印船角倉末吉長方角倉玄紀茶屋四郎次郎(4代)橋本十左衛門浜田小左衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone