コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶葉の検査方法

1件 の用語解説(茶葉の検査方法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

茶葉の検査方法

4月に導入された食品の放射性物質の新基準では、茶葉に湯を注いだお茶に含まれる放射性セシウム濃度を調べる。基準値は「飲料水」と同じ「1キロあたり10ベクレル」。これまでは乾燥茶葉が対象で「1キロあたり500ベクレル」が基準。茶葉を抽出したお茶に含まれる濃度は、茶葉の約30分の1に薄まるとされる。新基準を茶葉に換算すると、300ベクレル程度になる。

(2012-04-12 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶葉の検査方法の関連キーワード食品産業放射性沃素カリウム四〇残留放射性物質放射化学分析食品衛生法の暫定規制値食品における放射性物質の暫定基準焼却灰と放射性物質放射性セシウム市立甲府病院の過剰被曝問題

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone