コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶 壱福(いっぷく)

1件 の用語解説(茶 壱福(いっぷく)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

茶 壱福(いっぷく)

台湾で主に活動する地域キャラクター。2002年登場。中華民国交通部観光局、台湾観光協会所属。中国茶の茶器がモチーフ。父は茶 陳年、妻は茶 茉莉花、息子は茶 若葉。2004年の台湾観光年のPRキャラクターとして制作。制作当初は独身だったが、その後家族のキャラクターが登場。英語名はチャーリー(茶阿里)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶 壱福(いっぷく)の関連キーワードいしきりんいたっちうめっぴカボたんすがもんとみおくんフナどんブットンくんモッくんゆず太

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone