コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草の王 くさのおう

大辞林 第三版の解説

くさのおう【草の王】

ケシ科の越年草。山地の路傍や林縁に生える。茎や葉の黄色の汁液はアルカロイドを含み有毒だが鎮痛、麻酔性の作用がある。高さ約50センチメートル。葉は羽状に深裂。初夏、葉腋から花序を立て数個の黄色四弁花を開き、蒴果さくかを結ぶ。白屈菜はつくつさい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草の王の関連キーワードアルカロイド越年草白屈菜ケシ科山地数個鎮痛路傍汁液深裂葉腋林縁花序

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android