コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草刈樵谷

1件 の用語解説(草刈樵谷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

草刈樵谷

南画家。大分県生。名は辰生。初め佐久間竹浦に、のち京都で田近竹邨に師事する。文展で入選するなど活躍したが、戦後、郷里竹田市の竹田荘の経営管理にあたり、同荘の保存に尽くした。また田能村竹田研究の第一人者としても知られる。文部大臣地域文化功労者。平成5年(1993)歿、100才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草刈樵谷の関連キーワード三井飯山秦金石平野古桑後藤秋幸松春浦佐久間佐久間玄蕃佐久間安次(1)佐久間安長

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone