コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草刈樵谷

美術人名辞典の解説

草刈樵谷

南画家。大分県生。名は辰生。初め佐久間竹浦に、のち京都で田近竹邨に師事する。文展で入選するなど活躍したが、戦後、郷里竹田市の竹田荘の経営管理にあたり、同荘の保存に尽くした。また田能村竹田研究の第一人者としても知られる。文部大臣地域文化功労者。平成5年(1993)歿、100才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android