コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草役永(読み)くさやくえい

大辞林 第三版の解説

くさやくえい【草役永】

江戸時代の小物成こものなりの一。反別のない原野でまぐさなどを刈る者に課した年貢。米で納める場合は草役米・野手のて米という。野手永。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる