コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草戸千軒町(くさどせんげんちょう)遺跡 くさどせんげんちょういせき

知恵蔵の解説

草戸千軒町(くさどせんげんちょう)遺跡

広島県福山市の芦田川の川底から、1961年以来の調査で見つかった平安、室町時代などの中世遺跡。芦田川の6haの中州から一辺100mもある屋敷や短冊状の町屋などの遺構と、中国青磁などの輸入陶磁器、1万6000枚余の銅銭、鍛冶道具、漆器などの生活道具が出土し、門前町か国際的な港町との見解がある。中世遺跡の先駆的な調査で、遺物などは県立歴史博物館内に復元遺構と共に展示しているが、遺構自体は河川改修で大半が失われた。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

草戸千軒町(くさどせんげんちょう)遺跡の関連キーワード広島県福山市草戸町草戸千軒町遺跡広島県福山市松崎 寿和福山(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android